青汁のを飲む理由・目的と一緒に効果を見てみましょう

青汁を飲む理由・目的

昔はなかった、こどもの栄養を考えた「食育」ですが、今、とてもよく使われていますよね。
子供に限らず、大人も一緒です。

 

野菜の画像バナー

成人の一日当たりの野菜摂取量は350g。
子供は年齢にもよりますが、120~300gの摂取が
必要と言われています。

 

しかし、毎食の食卓に、野菜をたくさん取り入れるのも、
大変ですよね。
特に、主婦の方は朝がとても忙しいので、考える暇も
ないかもしれないですね。

 

そこで選ばれるのが、【青汁】が多いと思います。
大人はもちろん、子供にも飲めるような商品もたくさんあります。
毎日の栄養摂取のことを考えて飲まれる方は今や多い時代となってきました。

 

青汁の主原料で使われている、ケール・大麦若葉・明日葉の成分で、
体に対して、とてもいいと言われている成分がたくさん含まれています。

 

人それぞれの飲む理由や目的があるでしょう。

 

 

女性の方は、美肌効果、ダイエット効果など、とても魅力的な効果があるので、
飲まれる方が多いみたいですよ。
実際、野菜の成分を多く摂れ、さらに美に関する効果があれば、
飲まずにはいられなくなってしまいますよね。

青汁を持っている女の子の画像

特に大麦若葉は食物繊維が多いので、便秘解消にもいいようです。

 

その他に効果、効能で、ガン予防・糖尿病予防・美肌効果・
ダイエット効果・生活習慣要望など、他にもたくさんありますが、
こういった事を期待できるんです。

 

病気の予防を考えて、青汁を飲んでいらっしゃる方もいるようです。
こういった効果があれば、健康維持にもってこいですよね。

 

妊娠中の方は、葉酸は胎児にいいとよく言われますが、
その成分が含まれているので、自分の健康と胎児のことを考えて
飲まれる方もいらっしゃいます。

 

ただ、妊娠中の方は、摂取量なども変わってくる場合がありますので医者に相談してからをオススメします。

青汁に含まれる栄養素

最近、メディアや雑誌、周りの人から、「青汁はいいよ!」とよく聞きます。

 

実際に私も飲んでいました、昔に。まだ苦みしかなかった頃に。
今は、とても飲みやすくなっているみたいで、そろそろ再開しようかと考えている所です。

 

なぜ、みなさんがそんなに飲むといいと言うかといいますと、青汁にはとてもいい栄養素が含まれているんです。

 

青汁の3大主成分と言われている、【ケール】【大麦若葉】【明日葉】。
これらの成分の栄養をを見てみたいと思います。

 

 

ケールの画像バナー

ケール
緑黄色野菜の中でも栄養価がとても高いと言われています。
カルシウム・リン・ビタミンA、B1、B2、C・カロテン・食物繊維・ルテイン・ポリフェノールなど、他にもあります。
これだけ見ても、とても栄養価が高いと見てわかりますよね。

 

 

大麦若葉のバナー

大麦若葉
ビタミンB1、ビタミンC・カルシウム・鉄・食物繊維・βカロテン・クロロフィル・マグネシウム・マンガン・カリウム・葉酸などの栄養価が含まれています。
美肌効果に抜群と言われています。

 

 

明日葉の画像

明日葉
カリウム・食物繊維・βカロテン・カルコン・クマリン・カロテン・
葉酸・カルシウム・マグネシウム・ビタミンE、K、B1、B2、B6、Cなどが含まれています。アンチエイジング効果、アルツハイマーの予防にもいいと言われています。

 

 

上記の3大主成分の栄養素は、本当に優れていますよね。
それに、プラスで企業によって栄養素が追加されているので、栄養素から青汁を選んでいくのもいいかもしれませんよね。

 

口コミランキングで青汁を選ぶならこちら!⇒fair-ranking.com