青汁の主原料であるケールは、睡眠ホルモンであるメラトリンを多く含んでいます。

不眠症対策

 

不眠症の人

 

「夜なかなか寝付けない」とか「ちゃんと寝たのになんだかスッキリしない」などという不眠症の症状には青汁が効果的なことをご存知ですか?
なぜ不眠症対策に青汁がよいとされているのでしょうか?

 

不眠症はメラトニンの分泌を増やす事で解消する

夜の寝つきが悪かったり、眠りが浅くて疲れが取れないなど不眠症の症状が起こるのは「メラトニン」と呼ばれる「睡眠ホルモン」の分泌が不規則であったり乱れていたりする事によって起こります。

 

メラトニンが不規則になったり乱れたりする原因は、不規則な生活習慣であったり、日中の体の活動量が少なかったり、悩みなどの強いストレスであったり。年齢による低下であったりします。

 

メラトニンの分泌を増加させる為には、メラトニンを多く含んだ食物や、メラトニンの材料となる「トリプトファン」を摂取したり、メラトニンを生成しやすくする「ビタミンB」を摂取する事が大事になります。

 

青汁が不眠症によいとされている理由

現在日本ではメラトニンを含むサプリメントが販売されていません。
そのため効率よくメラトニンを摂取する為には食品などで補うしかありません。

 

メラトニンを多く含む食品として、トマトバナナお米が揚げられますが、不眠症を改善させる為にはかなりの量を摂取する必要があります。

 

多くの青汁の主原料には「ケール」が含まれて居ます。ケールには睡眠ホルモンであるメラトニンを多く含んでいる食品です。
メラトニンを含むほかの食物と比較してみると、トマトの約15倍、バナナの約16倍などです。

 

しかし、青汁はあくまでも食品ですので、すぐに不眠症が治るなどの効き目があるわけではありません。
普段から青汁を摂取し、メラトニンを効果的に増やしていく事で、徐々に不眠症を改善していく事が出来ます。