ユーグレナファームの「緑汁」、えがおの「青汁満載」などが、貧血予防・改善におススメです。

貧血予防

 

貧血には、

  • 鉄分の不足によって起こる「鉄欠乏性貧血
  • 葉酸やビタミンB12の不足によって起こる「巨赤芽球性貧血

があります。

 

どちらも比較的女性に多い病気ですが、
野菜不足や発汗によるビタミン・ミネラルの欠乏が原因なので、男性も注意が必要です。

 

 

鉄欠乏性貧血

貧血の人のバナー

一般に貧血と呼ばれる症状のほとんどは、この鉄欠乏性貧血です。
血液に含まれる赤血球は、ヘモグロビンという成分を含んでいます。

 

ヘモグロビンは鉄分を材料とするので、不足するとうまく生産されなくなり、赤血球の数が減少して貧血になってしまいます。

 

代表的な症状は、

  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • めまい
  • 顔色が悪くなる

などです。

 

 

 

巨赤芽球性貧血

葉酸ビタミンB12は、体内のDNAの合成に必要不可欠です。

 

これらが不足すると、細胞分裂がうまくできないまま、赤血球が巨大化していきます。
巨大化した赤血球は、正常な赤血球の働きができないので貧血になってしまうのです。

 

巨赤芽球性貧血は、鉄欠乏性貧血と区別するため悪性貧血と呼ばれ、
胃や口の粘膜にダメージが出てくるので、胃潰瘍や口内炎の症状が起こります。

 

また、この病気の特徴として、鉄欠乏性貧血の症状に加えて、

  • 舌が痛んでしみる
  • 味覚が落ちる
  • 若年にもかかわらず白髪が異常に増える

などがあげられます。

 

 

 

青汁に期待できる貧血予防効果

 

納豆のバナー

鉄分は肉レバー、貝類、納豆などに多く含まれていますが、
青汁で摂るなら大麦若葉、桑の葉などが鉄分の含有量が豊富なので、
これらを原料として作られているものをお勧めします。

 

 

葉酸は野菜に多く含まれているので、
バランスのとれた食事に青汁をプラスすることで、十分に補えます。

 

女性の場合、妊娠中や妊娠を望むときなど、特に葉酸が必要になるので不足しないようにしましょう。

 

 

貝類のバナー

ビタミンB12は、貝類、魚卵、魚に多く含まれています。

 

残念ながら野菜にはあまり含まれていないようですので、青汁の鉄分・葉酸成分にサプリメントを併用するのが効果的かもしれません。

 

最近新しい青汁材料として注目され始めたユーグレナは、
野菜ではなく藻の一種なので、ビタミンB12も豊富に含まれています。

 

 

市販されている青汁の中では、

★ユーグレナファーム「緑汁」
★えがお「青汁満載」

などが、貧血予防・改善にお勧めです。