えがおの「えがおの青汁」、マイケアの「ふるさと青汁」などは、高血圧の改善におススメです。

高血圧

 

血圧計のバナー

血圧とは、血液が運ばれる時、心臓の収縮・拡張に伴って血管にかかる圧力のことです。

 

血圧は、心臓から動脈に送られる血液の量と、血管の硬度によって変わってきます。

 

高血圧になると、血管に常に大きな負担がかかり、心臓や脳の血管が詰まったり破れたりして、深刻な事態を引き起こす可能性が高くなります

 

青汁で体質改善!~弱アルカリ性の体質になるために~

 

 

高血圧の原因

高血圧の殆どは原因が明確にされていませんが、
生活習慣遺伝的要因が関与していることはわかっています。

 

高血圧には、

  • 塩分の過剰摂取・血管の老化・ストレス・疲労・運動不足・肥満・遺伝的なものからくる「一時性高血圧
  • 高血圧の原因となる病気(腎臓病やホルモンの異常など)によって起こる「二次性高血圧

があります。

 

「二次性高血圧」は、原因となる病気が治れば症状も治まってきます。

 

 

高血圧と塩分の関係

塩分を多く摂りすぎると、腎臓の交感神経が活発になり、
腎臓で塩分の排出機能が悪くなって、血液中の塩分(ナトリウム)濃度が上昇します。

 

ナトリウムは水と結びつきやすいので、体内の血液量は増加していきます。
大量の血液の圧力に耐え続けた結果、血管は硬くなり血圧は上昇していきます。

 

 

 

塩分を排出してくれるカリウム

私たちの体にとって、塩(ナトリウム)は必要不可欠なミネラルですが、
塩分の取り過ぎで血液中のナトリウム濃度が濃くなった時、
それを調整して正常な状態に戻す働きをするのがカリウム
です。

 

カリウムは、余分な塩分を尿と一緒に体外に排出する役割を持っています。
また、抹消血管を広げて血液の流れを良くし、血圧を下げる作用もあります

 

カリウムは野菜に多く含まれているので、
肉中心の食事や偏食などで野菜が不足しがちになると高血圧の原因になることがあります。

 

仕事が忙しく、野菜を摂る機会が少ない人は、青汁でカリウムを補給するとよいでしょう。

 

青汁には野菜のビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。
大麦若葉や桑の葉が原料の青汁には、特に多くのカリウムが含まれています。

 

えがおの「えがおの青汁」
マイケアの「ふるさと青汁」

などは、高血圧の改善におすすめできます。

 

カリウムは、腎臓が弱っている人が多量に摂取すると「カリウム中毒」を起こすことがあります。腎臓に持病をお持ちの方は、必ずかかりつけの医師の許可を得たうえで青汁を飲むようにして下さい。