「フコイダン」が配合されている青汁は、NK細胞を活性化させる作用があるので注目されています。

免疫力アップ

風邪をひいた女性のバナー

 

風邪が治ったらまた引いて、結局一年中風邪気味な人や、何かの病気が流行るときは、必ずと言っていいほど最初にかかる人がいます。

 

その一方で、ここ数年風邪を引いたことがない人や、感染力がとても高い病気が流行っても、ピンピンしている人もいます。

 

アレルギー物質に強く反応する人もいれば、全く平気な人もいるのです。

 

この差は一体、何なのでしょう?

 

秘密のカギは「免疫力」にあるようです。

 

 

免疫力って?

私たちの周りの空気には、眼には見えない細菌、カビ、ウイルスなどの病原体が潜んでいて、
呼吸するたびに体の中に入り込もうとしています。

 

それらを吸い込んだとき、全ての人が、
「感染」=「病気の発症」
「アレルゲンの侵入」=「アレルギー症状の発症」
とはなりません。

 

なぜなら、そこで働いているのが私たちの体にある「免疫力」だからです。

 

血液に含まれる白血球の中には、病原体やウイルスが体に入り込むのを防ぎ、
すでに体内にある有害細胞を攻撃して退治する「免疫細胞があります。

 

免疫細胞にはたくさんの種類があり、それぞれの役割を担っていますが、
その中で最も活躍してくれているのが、NK(ナチュラルキラー)細胞です。

 

私たちが普段、悪い病気を発症しないでいられるのは、NK細胞のおかげなのです。

 

 

 

NK細胞の役割

NK細胞は、私たちの体を常時チェックして、

  • 体に侵入しようとする有害な物質
  • 体の中ですでにできつつある有害な細胞

などを見つけ出しては攻撃しています。

 

NK細胞や他の免疫細胞の多くは、腸に存在することが明らかになっています。

 

腸内環境を整えておくことが、免疫細胞の活力を増強し、免疫力の強化に役立ちます。

 

NK細胞は、加齢や不規則な生活やストレスによって、活動が低下してしまいます。
その結果、悪い細胞やウイルスの活動が活発になり、癌や感染症を発症するのです。

 

生活のリズムを安定させ、
ストレスをうまく発散してプラス思考で過ごすことは、NK細胞を活性化させます。
「声を出して笑うこと」は、NK細胞の活性化に非常に効果的であることがわかっています。

 

 

 

免疫細胞を活発にする青汁

青汁の食物繊維は腸内の善玉菌を増やし、
悪玉コレステトールなどとともに老廃物を体外に排出してくれます。

 

毎日の青汁で、免疫細胞が住みやすい腸内環境を整え、
普段から病気に負けない体を作っておきましょう。

 

海藻類のネバネバ成分「フコイダンは、
NK細胞を活性化させる作用があることで注目されています。

 

★ヴエントゥーノ「すっきり青汁 ショウガ入り」
★銀座自然観「海藻青汁ゴールドEX」
★ミドリムシヒルズ「みどりむし59フコイダン」(タブレット)
★ピュアプラス「美感青汁」
★健康家族「初摘み若葉青汁」

などの商品にはフコイダンが配合されていて、評価が高いようです。